スポンサードリンク

 

 

2016-10-11_005409

POSシステムとは?

POSシステムは商店にとって規模に関わらず必須とも言える機材です。

POSシステムとは大まかにわけて2つから構成されます。

1つはキャッシュレジスター、もう1つはバックヤードなどに

設置されるホストコンピュータです。

商品によっては一体化している場合もあります。

POSシステムは商店の売上・仕入れについてデータを処理します。

また処理されまとめられたデータは店の運営に

重要な分析の基礎データとなります。

導入が手軽に

POSシステムは補助金が設定されたこともあって

多数の中小商店でも導入が進んでいます★

中小商店の場合、大げさな仕組みは避ける傾向が強いこともあって

iPadなどのタブレット型携帯端末とアプリを利用したタイプも

多数利用されています◎

私の知人が先日お店をオープンしましたが

レジがiPadでとても驚きました!

POSシステムの役割は売上計上とデータ分析ですが

iPadでもバーコードリーダーなどと連携させることで

十分POSレジとして活躍しています!

また買取型も多いですが、クラウド連携も行われて

端末はレンタル式も多数のサービスで行われています☆

207663

多機能なレジシステム

システムとしてはとても単純な仕組みですが

お店ごとの取り決めなどにも柔軟に対応するために

レジ部分は多数の改良が進められてきました♪

海外と比較しても日本のレジスターは機能が大変豊富です◎

もっとも比較されるのがクレジットカードや電子マネーへの対応です☆

スポンサードリンク

海外の場合もクレジットカードは利用されることが多いですが

日本の場合はレジスターの機能として導入されたのが大変早いです!

また電子マネーへの対応も海外に比べて格段に早くなっています★

支払い方法についてはスマートフォンなどに搭載される

おサイフケータイ機能も海外にはなかった機能であり

日本のレジスターの発展は凄まじいものがあります☆

いろいろな支払い方法に対応してくれるので

利用者としてはとても便利なシステムだと思います(^^)

421571

データの分析

POSではデータ分析も重要です◎

多数のレジスターがあるストアの場合はデータが膨大になり

センターで一括集計する企業も増えています★

集計されたデータは仕入れの基礎データとして利用されることもあり

仕入れの効率が格段に上がってきています↑

仕入れは経験が重要と言われてきましたが、多くのデータがあり

また天気だけではなく周辺のイベントなども考慮するなど

経験をデータ化する仕組みもできてきています◎

処理するデータ量は膨大になってきていますが

ビッグデータ解析技術も発展してきていることから

多くのチェーン店を中心に進められており、それらの成果は

レンタル式のレジシステムなどでも活用され

中小商店でも活発に利用されるようになってきています☆

今後もPOSシステムは様々な企業で重要な役割を担っていくでしょう★

394544

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

記事一覧