スポンサードリンク

 

2016-08-18_205055

特別養護老人ホーム

高齢者介護施設には様々なものがあります。
まず挙げられるのが特別養護老人ホーム略して特養です。
社会福祉法人や地方自治体により運営されていて
重度の介護を必要とする要介護3から5の高齢者を
少ない費用負担で長期入所可能な施設です。
生活の場としてリクリエーションや
年間行事があり終の棲家といえます。
入居一時金は不要で利用料も利用者の世帯収入によって
きめられており安くなっています。
看護師はいるものの医師が常駐していないので
医療処置の必要な人には向いていません。
また居室は古くからあるところでは個室のない多床室や
ユニットが設定されていない従来型個室が多く
新しいものは現在主流の10人程度の生活ユニットごとに
共同生活室があるユニット型個室のところが多くなっており
居住費やサービス費は居室の型によっても異なります。
特別養護老人ホームへの申し込みは各施設や行政の窓口で行いますが
入居希望者が多いため待機者が多く
入居までには数年かかることも稀ではありません。

介護老人保健施設

介護老人保健施設略して老健とはリハビリや
医療ケアが必要な高齢者を受け入れる施設です☆
在宅復帰を目指した施設なので3か月ごとに入居継続の判定が行われ
対処可能と判断されれば出ていかなければなりません×
費用は特養よりはやや高めですが
ほかの条件は特養と同じで一時金はかかりません◎
私は特別養護老人ホームとの違いがあまりよくわかっていなかったのですが、
医療ケアの有無に大きな違いがあるのですね!
申し込みは直接施設へ行い場所を選ばなければ
申し込めば半年以内に入居できることが多いようです★
また認知症の高齢者を受け入れてくれる施設に
グループホームがあります。
少人数の地域密着型の施設で家族的な運営を行っています。
初期費用が必要な施設も多く
月額で15万円から30万円ほどの利用料がかかります☆

スポンサードリンク

4f4d47a1e3a6188102757c54dc838060_s

高齢者住宅

高齢者住宅は今まで述べた種類の高齢者施設に比べて
介護認定のない自立した高齢者でも入居でき
主に民間事業者により運営され比較的人数が少ないのが特徴です★
新規参入が多く選択の幅が大きいのが特徴です!
ただある程度の資産と収入がないと入れません×
今まで住んでいた場所に近いなどインターネットなどでの検索で
ニーズに合ったところを見つけることができます◎
まだまだ元気だけど家事などのサポートが欲しい人に
ぴったりだと思います。
離れている家族も安心ですね♪

e796cda7a0ecb9bad29e8ddfd78c187f_s

有料老人ホーム

有料老人ホームは規模が大きく
介護専用型・自立型・前記2つの混合型があります☆
施設によって高齢者に提供するサービスに幅があるので
サービス内容を把握する必要があります!
多くの場合多額な一時金がかかりますが
近年は入居一時金がなく月額利用料を高めにする施設も
見られるようになりました★
入居一時金は0円~1千万円以上
月額10万円~30万円の費用が掛かります◎
この金額を見て私はとても驚きました!
自分の両親や自分の老後を真剣に考えないといけないですね。

5b849523c6a66aed2dcff428e62888e7_s

 

全国の老人ホーム・介護施設の検索HOME’S介護はこちら

Pocket

コメントを書く







コメント内容


記事一覧