スポンサードリンク

 

2016-11-29_214406

筋トレに大切なこと

筋トレは筋肉を増やすのに必要な栄養が摂れる食事メニューと

一定の間隔を開けながら筋肉を鍛えることが大切です。

食事は高タンパク低カロリーを中心に体の働きを良くする

ビタミン類をサプリメントで補うと効果的です。

筋トレのメニューの組み方

筋トレとは単純に毎日鍛えれば良いというものではなく

科学的にも証明されている内容で行なうことが大切です!

例えば腹筋の場合、トレーニングをした後の回復には

約24時間から48時間必要であることが科学的にもわかっています☆

つまり腹筋をした後は1日から2日の間を空け、それから筋トレを

再開する内容のトレーニングメニューを組むことがポイントです♪

毎日やみくもに動かせばよいというわけではないのですね(><)

回復期間中は食事も重要で、疲労回復と筋繊維の強化に役立つ

栄養が摂れる食事であることが大切です◎

また必要に応じサプリで補うことも回復効果の向上に繋がり

次の筋トレが楽になる結果に結び付きます!

筋肉の回復について

筋トレの頻度は筋肉の特徴を科学的に捉え

最も効率的なペースを導き出すことが欠かせません◎

まずは筋肉毎の疲労回復期間に目を向け、毎日鍛えても良い部分以外は

部位毎に間隔を空けることがおすすめです!

腹筋や前腕・脹脛は24時間から48時間ですが

上腕や肩周りは更に1日多い回復期間が不可欠です☆

太腿と大胸筋・広背筋などの大きな筋肉となれば

スポンサードリンク

最大96時間の休息が必要とされています♪

回復に必要な時間が短かったり筋肉痛や疲労感を感じていない部分は

もっともっと鍛えても大丈夫だといえます★

筋肉を酷使した後のケアで共通するポイントは熱を持った筋肉を冷やし

それから血流を増やして回復を促進することです◎

何もしないのとは違い入浴や水分補給、そしてサプリによる補助を行えば

年齢に関係なく回復効果が速まるでしょう!

入浴は全身を芯から温めることができる科学的な回復方法です(^^)

もちろん入浴時は大量の汗をかくので水分補給を欠かさないことが

肉体の回復効果を妨げないコツです☆

水分補給で飲む物は余分な糖分等を含まず

それでいて吸収力に優れる水が基本です♪

筋トレ初心者が気をつけること

初心者が筋トレに挑戦する際、間違いやすいのが極端になりがちな食事や

闇雲に続けてしまう無茶なトレーニングメニューです★

意味のなさに気が付くのは暫く同じメニューを続けた後で

中々筋肉がつかない、そう思い始めるのが切っ掛けです!

食事は体の細胞や筋肉を作る材料となるので

良質かつ偏りがない、理想的なメニューを組むことが肝心です◎

仮に食べたい時に欲しい物だけを食べ計画性のない食事を行えば

トレーニングメニュー自体が崩壊するでしょう×

筋肉を鍛える場合はスローペースで動作を繰り返しもう駄目だと感じる所で

もう一回踏ん張ると有効です☆

回復ケアを念頭に置き限界に挑戦する姿勢が太く逞しい筋肉を作り上げ

魅力的な見た目の実現に至ります★

筋トレを継続するには持久力を付けることが条件なので

毎日科学的なケアを採り入れサプリを含め回復を促し

段階的に筋繊維を鍛えることが重要です(^^)

Pocket

コメントを書く







コメント内容


記事一覧