スポンサードリンク

 

9b587917c9731a5f08bce96a01b09abc_s

マラソンで基礎体力アップ

運動が好きな人は普段から積極的にスポーツなどを行なったりして、
体を鍛えたりしていることも多くあります。
その中でも基礎体力を作るために必要なことは、
ジョギングやランニングをして持久力を高めることであり、
どのようなスポーツでも基本となるものになります。
しかし基礎体力を鍛えるためだけに走っているだけではもったいないことでもあり、
持久力がついて心肺機能が高まっていると感じているときは
マラソン大会にエントリーをして、自分がどれだけ走れるのかを知ることも
楽しく運動をするためには大切なことでもあります。

いろいろなマラソン大会

マラソン大会というと参加するにはハードルが高く感じますが、
マラソンブームなどにより身近に感じられるスポーツになっています☆
そのためフルマラソンのように約42km走らなけらばならないのではなく、
ハーフマラソンのように距離が半分になっているものや
10kmマラソンなど、各大会により走れる距離が様々であるので
一覧を見て自分が走れる距離のものにエントリーすることができます◎
エントリーすることは簡単になりますが、人気のあるマラソン大会であると
参加申し込みが殺到し、如何に早く申し込みするかで
参加できるかが決まることもあるので、
参加するときはその点に注意しなければなりません!
女子の方は女子マラソンなどもあり、
そちらにも意識を向けて置くようにしましょう♪
大会によって参加料なども様々ですので
事前にしっかりチェックしましょう。

6994e927b05d7f7a743b5597bd91c9c2_s

スポンサードリンク

大会へ向けてのトレーニング

またエントリーしたからといっても走るための
体が出来上がっていなければ途中で走れなくなってしまうこともあり、
日ごろからの体作りも重要で持久力を鍛えるだけでなく
しなやかな筋肉を作る筋トレも必要になります☆
長距離を走るためある程度の筋肉がないと怪我をしやすくなるため
腕立て伏せや腹筋、背筋などの基礎的な筋トレは必要になり、
筋肉や関節を痛めないためにも筋トレや走る前後で
十分なストレッチを行い筋肉や関節をほぐすようにしましょう!
走る前のストレッチも大事ですが
走った後も忘れずにストレッチしましょう♪

9b8034b6528880d518edfe7329c4f68b_s

大会で走るときの注意点

そして走るときですが、ペースを維持して走ることが重要であり
時計を持ってどのくらいのペースで
走れているのかを確認するようにします★
その際、最初に走るときは体もできておらずペースも遅かったり
すぐに疲れたりして十分に走ることはできないこともありますが
徐々に体をならしていき
怪我をしないようにすることが大切になります◎
トレーニングする前に食事を摂る場合には、
一時間以上前に摂るようにして胃に負担が掛からないように
気をつけて食事をするようにしましょう!
ゴールの達成感は格別です。
マラソンを思いっきり楽しんでくださいね(^^)

日本最大級のランニングポータルサイト
「ランネット」はこちらです。

7138faee8c2f1a4f89177bf7a6612f43_s

 

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

記事一覧