スポンサーリンク

 

 TeamViewer とは

TeamViewerとは、WindowsやMacで使う事が出来るリモートコントロール

ソフトウェアです。

フリーソフトとして公式サイトから無料ダウンロードする事ができ

ネットワーク上にあるサーバやPCを他のPCやモバイル端末から

アクセスする事ができ、それらの端末のディスプレイ上でデスクトップ画面を

表示させる事が出来ます。

その為、サーバやPCに高性能なプロセッサやグラフィックボードなどを

搭載している強力なマシンであれば、リモートコントロールを行う

クライアント端末が低性能であっても、特に問題が無く、強力なマシンの

リソースを有効活用する事が出来ます。

日本語版はありませんが、平易な英語ですので使い易いでしょう。

また、最新のOSに対応していないマシン向けに旧バージョンも

公開されています。

TeamViewerのダウンロード方法(Windows版)

Windows版のTeamViewerは日本語表示に非対応ですが、使用する場合は

ホスト側コンピューターが日本語版のOSを使っていれば、クライアント端末に

表示されるホスト側のデスクトップは日本語で表示されますので使用の際には

問題ありません。

TeamViewerのインストーラーは公式ホームページで入手する事ができ

自身のコンピューティング環境に合ったOSを選んでいきます。

Windowsは世界中で使われているOSですので、TeamViewerをインストール

しておけば、多くの人々と環境の共有が行えます。

ダウンロードページにアクセスしてインストーラーを入手し、個人利用の

場合は無料で使えるライセンスが付与されますので安心して使っていく事が

出来るでしょう。

旧バージョンのWindowsでも、旧バージョンのTeamViewerを入手すれば

使えるようになりますので、自身の環境に合ったTeamViewerを

入手していきましょう。

旧バージョンは別途ページが用意されていますので、新バージョンと

混同して間違えることはありません。

環境に合った正しいバージョンの製品を導入する事が大切です。

TeamViewerのダウンロード方法(MAC版)

MacでもTeamViewerを使う事が可能です。MAC版のインストーラーも

公式サイトのダウンロードページで配布されており、このインストーラーを

使って、Macにインストールしていきます。

MAC版も日本語が使えませんが、リモートコントロールする先のMacが

日本語表示に対応していれば、クライアントのディスプレイに映し出される

スポンサーリンク

際には日本語で表示されます。

ダウンロードページで配布されているインストーラーは個人であれば

無料で使えるライセンスになっていますので、個人ユーザーは高い

ライセンス料を支払わずに使う事が出来ます。

但し、法人で使われているような機能を利用したい時には、法人ライセンスに

切り替えて利用料を支払う必要があるでしょう。

MAC版のTeamViewerのインストーラーをダウンロードする時には

最新バージョンと旧バージョンが存在しますので、ユーザーが現在

使っているOSが最新の物であるのか、古い物であるのかによって入手するべき

インストーラーは変わってきますので注意が必要です。

その代わり、古いMacでもTeamViewerを使う事が出来ますので

リモートコントロール環境を構築して快適なコンピューティング環境を

築き上げる事が可能でしょう。

使い方・リモートコントロール

TeamViewerの使い方の中でも主軸になるのがリモートコントロール機能です。

これは、ネットワークに繋がれていて離れた場所に設置している端末を

遠隔操作する事が出来るものであり、ネットワーク上にあれば、どの

クライアント端末からでもアクセスする事が可能ですので、設定をしっかりと

行なっておきます。

TeamViewerをネットワーク上で使えるようにするには、ホスト側の端末と

クライアント側の端末にそれぞれTeamViewerを導入します。

ホスト側のマシンはサーバとして動作させる必要がありますので、適切に

サーバの設定をTeamViewerに反映させます。

クライアント端末からはホスト側へアクセスする為のIPアドレスと

ホストマシンのアカウントとパスワードを入力しておくだけでアクセスが

可能になります。

使えない場合は、ネットワークに接続されていなかったり、アカウントや

パスワードやIPアドレスが間違っていて繋がらないといったケースが

多いですので、もう一度チェックをしておくと良いでしょう。

遠隔操作が出来るようになる事で、クライアント端末の性能が低くても

ホストマシンが持つ性能を借りて処理を行えるので便利に使えます。

旧バージョンから最新版へ再インストール方法

場合によっては、古いバージョンのOSを使用しており旧バージョンの

TeamViewerを使わなくてはならないシーンが多々あるでしょう。

特に企業の場合、何度もマシンの入れ替えを行えば、コストがかかってくる

事になりますので、出来るだけマシンの入れ替えを減らしたいところです。

しかし、マシンを新バージョンのOSに対応した物に変更した時に

その新しいOSに対応した最新版のTeamViewerをインストールする

必要が出てきます。

旧マシンでもOSを最新バージョンにアップグレードさせることもあるでしょう。

そのような時は、旧バージョンのソフトウェアをアンインストールする

作業を行います。

そして、新しいバージョンのTeamViewerを再インストールする事で

正常に遠隔操作が出来る環境を作り上げる事が出来ます。

ですが旧バージョンが残ったまま再インストールをしてしまうと不具合が

発生する事が多々あるので、必ず古いバージョンをアンインストールしてから

最新バージョンの物をインストールした方が安定した動作が行え、無駄な

トラブルに遭わずに済むでしょう。

古いバージョンのアンインストールと最新バージョンの再インストールを

するだけでシステムの乗り換え作業が行えます。

コチラもチェック下さい

Pocket

関連記事

カテゴリー

記事一覧