2018-02-12_093014

Pixia(ピクシア)とは

現在では多くのグラフィックソフトが存在し、Photoshopなどが

その代表的な例です。

しかしphotoshopは値段が少し高価で簡単に手を出しやすいものではありません。

フリーソフトの画像加工ソフトを使ってみたいと考えている方は

Pixiaをおすすめします。

Pixiaは無料ダウンロードできるソフトでWindowsとMacの両方に対応しており

その多機能さや使いやすさから多くの人が利用しています。

今回はそんなPixiaについて詳しく紹介しましょう。

Pixia のダウンロード方法★

無料のPixiaをダウンロードするためにはまずは初めに公式サイトを

開きましょう◎

公式サイトを開くとダウンロードという項目があるのでそこをクリックします☆

次に開いた項目を下に進んでいきPixiaプログラム本体のダウンロード

というところのPIXIA書庫室へというリンクを選んでください!

クリックするとPixiaのいくつかのverをインストールが可能な項目に飛びます♪

そのページにある「初めてPixiaをインストールされる方はこちら」の

項目の「exe」という拡張子のついたファイル名を選択しましょう★

何種類かのファイル名がありますがクリックするときは自分の使うPCのOSに

合ったものを選ぶ必要があります◎

クリックをすると実行、保存、キャンセルの選択を迫られますが実行を選びましょう☆

続いてPixiaセットアップの画面に移るので「次へ」の項目をクリックし

先に進みます!

最後に「コピーの開始」の項目に移り、さらに「次へ」をクリックすると

インストールがはじまります♪

ここまでが終われば最後に「完了」の部分をクリックしましょう★

また「Pixiaを起動します」の項目にチェックを入れると終了と同時に

Pixiaが起動します!

これでさまざまな加工や描画を楽しめるようになります(^^)

5d0d554b6966f5d26216ee1c4edcce81_s

使い方・基本操作方法◎

基本的にこのPixiaはメニューバーとツールバーを利用して画像編集などを

行っていきます☆

最初に知っておきたいのが画像の開き方と保存方法です♪

これを覚えておかなければ何も始まりませんね(>_<)

画像を開きたい場合は「ファイルを開く」のダイアログボックスを

クリックし開きたい画像を選択します★

加工した画像などを保存したい場合はメニューバーの「ファイル」の

リストから「名前をつけて保存」をクリックしましょう!

またPixiaはペンタブやマウスを使うことでイラストを製作することもできます◎

線画を作りたい場合はまず最初に「ファイル」のリストから新規作成を選び

キャンバスを作りましょう☆

続いてカラーパネルを選び使いたい色を選択し、次にオプションパネルを

使いペン先やブラシを選びます♪

これは人によって好みが分かれるので自分にあったものを選びましょう★

これでドラッグを行うとその軌跡上に線が描かれます!

色塗りをする場合は線画の上にレイヤーを追加してそこに大きさと

色を変えたブラシを使いドラッグします◎

線画や色を消したい場合は消しゴムツールを使っていきますが

この消しゴムツールも大きさを変えることができるので消したい箇所に

応じて変化させることが可能です☆

51d0f2d5fc9ecdbb54d9fa40a48d456e_s

使い方・画像に文字描画する方法!

Pixiaには画像の上に文字を追加できる文字描画機能があり

これを使うことにより個性的な画像加工やバナー作成に役立ちます★

文字入れの手法はぜひ覚えておきましょう(^^)

まずはじめにメニューバーの「描画」リストから「文字」の項目を

クリックしましょう◎

続いて開かれたメニューに自分が入力した字を入力します☆

そこに大きくサンプルが表示されているのでそれを確認しながら

調整してください♪

それぞれフォントやサイズ、横書き縦書きなどを変えられるので

自分が入力したいものに合ったものを作っていきましょう!

フォントはよくある明朝体からゴシック体まで幅広い種類から選べます★

また字のフィルタを使うことでぼかしなどが効いた

さわやかな字体にすることも可能です◎

「太字」「スムーズ」「斜体」「エッジ」などの形も選択でき

これも画像やイラストに合った雰囲気のものを作り出せます☆

作りたい字ができたら画像の上にその字が表示されているので

それを左クリックしながら移動していきます♪

場所が決まったら右クリックをして「新規レイヤとして貼り付け」を

選びましょう!

字を消したい場合はレイヤパネルを選択し右クリックをし削除を選択します★

これらの操作を繰り返しながら画像加工を行っていきます◎

 

使い方・画像を透過する方法☆

イラストを作るときや画像加工を行う場合はPixiaの透過処理の仕方を

覚えておくと便利です!

透過処理は画像の背景などを透かすようにすることで合成などを

行いやすくするもので、これを行うことによりイラストなどの見栄えに

幅が出てきます★

まずは最初に透過したい画像を開きその背景色を好きな色に変えましょう♪

続いて「閉領域選択ツール」を使い透過したい部分を選びます◎

ここで出てくる「範囲」の項目を変えることで選択する箇所を変えることも可能です☆

領域選択ができたら消しゴムモードを選び「塗りつぶし」ボタンを

クリックしましょう!

そうすると最初に作った背景色が画像に表れます★

ここまでが終われば最後に「ファイル」から「名前を付けて保存」を選びます♪

透過画像を保存する場合は応用がききやすいpngで保存しておきましょう◎

最後に「PNG保存設定」というウィンドウが表示されるので

そこの「透過情報」にチェックを入れれば完了です☆

作った画像を開きレイヤーが透過されていることを確認しておきましょう!

また透過した部分に白い線が残っていてもっと綺麗に透過したいと

考える場合は「閉領域ツール」の「領域を太らせる」をクリックすると便利です★

Pixiaのホームページではさまざまな操作のチュートリアルが用意されているので

一度目を通しておくことをおすすめします(^^)

Pixiaのホームページはこちらです。

8bf2fe6649d71b0361c524d65dc3c880_s

Pocket

関連記事

記事一覧