スポンサードリンク

 

2017-08-12_004724

地域密着型の証券会社

インターネットで株 FXをするにあたって知っておきたいのが第四証券です。

対面取引とホームトレードを提供しており利用するにあたって

取引手数料が必要ですが口座を維持するための手数料はかからないのが

強みでしょう。

マルチデバイス対応でパソコンとスマートフォンを利用して取引できるため

使い勝手の良いサービスとして人気です。

今回はそんな第四証券について紹介します。

口座の開設方法★

第四証券ホームトレードをしたい時は第四証券ホームページに行って

口座開設をします◎

ちなみに口座開設は店舗案内にある店舗窓口でも対応してくれますが

手軽に行いたいならホームトレードが便利でしょう♪

まず資料請求フォームが用意されているので、ここからホームトレードの

資料を手に入れますが条件があり、新潟在住の方に限定されています!

地域密着型ならではですね(^^)

書類は早いと3日、遅くても7日くらいで届き、封筒の中には

ホームトレードの説明と口座開設に必要な書類が入っているので

大事に保管しておきましょう☆

開設に必要な書類に自分のパーソナルデータを入力します。

不正を防ぐために本人確認ができるものが必要です!

スポンサードリンク

これは住民票の写しと印鑑証明書で発行後から6ヶ月以内のものに

限定されます★

または運転免許証や健康保険証のコピーでも構いません。

運転免許証は表面だけでなく裏側のコピーも必要です◎

外国籍の方が利用する時は住民票の写しや外国人登録証明書といった物を

用意します♪

第四証券では未成年でも口座開設に対応していますが

その際は店舗窓口の受付が必要です…

自分自身では手続きができず親権者の同意を得ます!

基本的に未成年はホームトレードの申込みができないので

気をつけておきましょう(>_<)

f8bfe3bd0529031eb3b1ae0196ea5c42_s

必要書類の送付とログイン☆

書類は同封されている返信用の封筒に入れて第四証券まで送ります◎

このとき記入漏れがあると口座開設の手続きが遅れてしまうので

ちゃんと記入漏れがないか確認するとよいです!

送付した書類を厳密に審査して通過できれば口座開設の案内が

郵送されてきます♪

封筒の中にはホームページでログインするためのパスワードが

入っており、これはなくしてしまうとログインできなくなってしまうため

大切に保管しておきましょう★

うっかりなくさないように気をつけてくださいね(>_<)

郵便物が届いた時点で口座の運用が開始されます!

第四証券ホームページまで行きログイン画面を表示し

会社から発行されたパスワードとユーザIDを入力してログインしますが

この際に仮状態のログインパスワードを正式なパスワードに変更しましょう☆

さらに取引パスワードを自分で設定しメールアドレスの登録を行います◎

本登録と仮登録をした場合承認キーが発行されるので

メールに記載されている承認キーを入力します♪

一度ログオフ後、再びログインして同意事項の手続きを行ってください…

このとき電子交付の手続き画面で同意確認をしてから

すべての事項に同意する必要があります★

05f40d6522fc2835aeaa71937b9eef3d_s

デモトレードを活用♪

これですべての手続が完了したので本格的なトレードを行うことができます◎

とりあえず初心者の方は第四証券のホームページで

デモトレードを行ってみるとよいでしょう!

これはホームトレードがどんなものなのかを体験できるサービスであって

基本的にリスクは一切ありません☆

架空の取引なのでゲーム感覚でトレードを楽しめるので

実際に行ってみてトレードの感覚をつかんでから

本格的な運用をするのがおすすめです♪

取引をしているとわからないことが発生しますがこういう時は

問い合わせ電話番号に連絡をしましょう★

本店から支店の電話番号がホームページの店舗案内に詳しく書かれています◎

ちなみに初めての利用者には嬉しい定期的なキャンペーンもあるので

ホームページをチェックしながらタイミングを見て開設すると良いでしょう!

第四証券のホームページはこちらです。

0bdb56ae204bee60ea49e921bbec24ad_s

Pocket

関連記事

記事一覧