スポンサーリンク

 

無料で使える

LibreOfficeはフリーのオフィススイートで、OpenOfficeを

前身としてしています。

誰でも無料で利用できるのが支持される理由ですが

長年愛されるのは他にも多くの理由があります。

海外で開発が開始されたため、当初は英語版しかリリースされて

おらず別途日本語化する必要がありました。

現在はLibreOfficeのWebサイトにアクセスすると、自動的に

日本語に対応したバージョンの入手用リンクアドレスが

出てきますので、特に意識すること無くインストールが可能です。

マイクロソフトのオフィススイートと、ある程度互換性を

保っていることも人気の要因と言えます。

特徴について

このソフトに同梱されているものは6種類あります。

Writer・Calc・Impress・Draw・Base・Mathの

アプリケーションとなっています。

ワープロソフトのWriterはワード、表計算ソフトのCalcはエクセル

プレゼンテーションファイル作成ツールのImpressがパワーポイント

データベース管理ツールのBaseがアクセスに対応しています。

このうちWriterとCalcが、マイクロソフト製アプリケーションと

一定の互換性を保っており、特に表計算ソフトのCalcは

若干記述フォーマットの異なるものがあるものの、エクセルで

使用できる関数をほぼ同じような使い方で利用できるという

メリットがあります。

このほかベクタ形式の画像描画ツールDrawや、数式エディタの

Mathは独自の進化を遂げており、マイクロソフトオフィススイートには

無い独自性も特徴です。

長く愛される理由

完全互換ではありませんが、例えばワードで作成されたファイルを

Writerで読み込み閲覧したり、逆にWriterで作成した文書を

ワード用のフォーマットで保存できますから、複雑な処理さえ

していなければ、相互に変換しての利用も問題ありません。

ワードで対応している縦書きや段落等も、難なく実現可能です。

Calcのマクロは長らく独自仕様だったため、エクセルのVBAマクロと

互換性が保たれていませんでしたが、近年リリースされた

バージョンでは限定的ですがVBAマクロの機能を

実現できるようになりました。

エクセルで作成されたファイルは、関数が未使用のものであれば

スポンサーリンク

Calcで読み込んでもまったく問題ありませんし、関数を

使用している場合でも記述が異なる一部の関数を使用していなければ

ほぼ同じようによう表示できます。

このあたりの便利さが、LibreOfficeが長く愛される

理由となっています。

コチラもチェック下さい

Pocket

関連記事

カテゴリー

記事一覧