スポンサーリンク

 

どんなソフトなの?

PDFは電子文書の標準として多くの方が利用中です。

個人での利用は勿論のこと、オフィスユースに至るまで幅広く

利用をされています。

最近はパソコンだけでは無く、スマートフォンに至るまで幅広く

利用され、iphone等でもPDFの閲覧を行うことが可能です。

会社で作成したドキュメントをスマートフォンで閲覧出来る

形式に変え、外出先で閲覧を行なったり、外回りの営業マンに

見える形式にする等、様々なシーンでPDFは活用をされています。

スマートフォンでPDFを閲覧するには

iphone等のスマートフォンでPDFを閲覧する場合には、文書を

ダウンロードできないケースも珍しくはありません。

重要なドキュメントを配信しているのに、相手が閲覧出来なくては

意味が無いはずです。

iphone等のスマートフォンでPDFを閲覧させていくには、無料で

文書形式を変換することが出来るadobeのフリーソフトを

活用するのが良いでしょう。

Word形式で作成された文書を短時間で手軽に変換することができ

いつでも自由に閲覧出来るように変えていきます。

編集ソフトのダウンロードは簡単で、adobeの公式サイトから

気軽に行うことが可能です。

Word形式の文書を電子文書の形式に変換するのは勿論のこと

エクセル形式の文書やパワーポイント形式の文書も手軽な変換を

行なっていくことを可能とします。

また、変換だけでは無く、電子文書をワープロ感覚で気軽に

編集を行なっていくことも可能です。

電子文書を活用することでビジネスシーンもスピーディな伝達を

可能としていきます。

重要な文書を取引先にメールで送信する場合でも、電子文書形式に

変えておくことでスムーズな伝達が可能です。

フリーソフトを活用することで、電子文書の編集だけではなく

ワードやエクセルからのコンバートも自由に行うことを

可能にします。

様々なデバイスで見れるようにしよう

最近はネットでの通販サイトを営む企業も増え、サイト上に

操作マニュアル等を電子ドキュメントの形式で掲載する企業も

増加中です。

サイトの利用者が、PCやスマートフォンのように様々なデバイスで

スポンサーリンク

アクセスしても問題なく電子ドキュメントを閲覧出来るように

自由な閲覧を可能とする電子文書の形式に編集しておくことも

重要でしょう。

フリーソフトを活用することで、料金を掛けることもな

、自由なドキュメントのコンバートを可能になります。

今後は、電子ドキュメントの活用は増えていくはずです。

文書の作成時には、相手がどのようなデバイスで参照しても

問題の無い形式にすることを心がけていくことが大切です。

コチラもチェック下さい

Pocket

関連記事

カテゴリー

記事一覧