スポンサーリンク

 

2018-04-18_145839

フリーメールを今すぐ取得する方法

自分が把握している実際の友人や知人とメールを行うのであれば

自身が独自に所有しているメールアドレス(キャリアメールなど)を

利用すれば何の問題もありません。

それこそキャリアメールを利用しているのであれば

同じキャリアを利用している間はそのメールアドレスを

独占利用することが可能なので使い勝手は抜群です。

しかしキャリアメールだけでは選択肢が限定されてしまうため

「フリーメールアドレス」の使用も検討してみてはいかがでしょう?

このページではフリーメールアドレスの作り方について

詳しく紹介していきます。

まず知っておいてほしいことは、フリーメールアドレスには

それぞ異なったメールアドレスの形式があるという点です。

要は無料メールアドレスというものがこれに該当するわけですが

キャリアメールと異なる点があることを良く理解しておかないと

利用するメリットが半減してしまう可能性があります。

有名な無料アドレスにはYahoo!メールやGmailがありますが

これらは国内でも非常に利用者が多いメールアドレスです。

これまでキャリアメールしか利用したことがない人も少なからずいるでしょうが

これらのメールアドレスを所有することでさまざまなメリットを

享受できることも把握しておきましょう。

これらのメールアドレスはいずれも簡単に取得することができます。

次項からは各社のアドレス取得方法について手順を追っていきましょう。

Gmail(ジーメール)アドレスの作り方★

Gmailアドレスと取得するためには、まず「Googleアカウント」を

取得する必要があります◎

たとえばキャリアのメールアドレスを使用するためにはキャリアの

アカウント(契約)を取得していることが必要不可欠です☆

どういうことかというと、たとえばauユーザーがドコモのキャリアメールを

利用したいと思っても無理なのと同じで、Gmailを利用するためには

サービスの提供元であるGoogleのアカウントを登録(作成)する

必要があります!

とはいえ取得方法は非常に簡単で、インターネット環境がある人ならば

わずか数分程度で作成することができます♪

まずはGoogleのトップページにアクセスし、画面右上の方にあるアイコンを

クリックしましょう★

スポンサーリンク

いくつかあるアイコンの中から適当に選択すれば良いのですが

分かりやすく「Gmail」のアイコンを選択してクリックしてください◎

この時点で登録がある場合はマイページが立ち上がりますが

未登録の場合は「作成するか」という画面が表示されます☆

その画面から新規登録(取得)を選択し、画面の指示に従って必要事項を

入力していると作成が完了します!

電話番号やメールアドレスなどの情報を求められますが、一切入力しなくとも

問題ありません★

2018-04-18_145749

Yahoo!メール(ヤフーメール)アドレスの作り方♪

国内で多くのサービスを提供している企業の一つである「Yahoo!」は

メールはもちろん、たとえばヤフオクなどのサービスを利用するために

アカウントの作成が必須です◎

オークションを利用するかどうかに関係なく取得しておくと便利なので

しっかりと取得方法を把握しておきましょう☆

具体的な流れとしては、まずトップページにアクセスします!

すでに関連サービスを利用したことがある人ならばすぐにたどり着けると

思いますが、これまで利用した経験がない場合は企業名やサービス名で

検索をすることでたどり着くことができます♪

単に「Yahoo!」と検索しても良いですし「ヤフオク」と検索しても良いです★

登録の際に設定したアカウント名を基準としてメールアドレスが設定されますが

登録する際に任意の文字列に変更することもできます◎

ただ使用できる文字列は同サービスを利用しているユーザーが

利用しているどれともかぶらないものである必要があるため、あらかじめ

複数の候補を考えておかないとつまずいてしまう可能性があります(>_<)

同社提供のサービスを利用するためには登録必須となる状況が多く

すでに意図せずにアカウントを作成している場合もあり得るので

確認してみると良いでしょう☆

Outlook.com(旧名称:Hotmail)アドレスの作り方◎

続いて「Windows Live Mail」のアカウント(メールアドレス)取得方法に

関してですが、これは要するにMicrosoftのユーザー登録だと考えて

問題ありません♪

今も昔も利用者が多いサービスを提供している企業ということもあって

利用者が多いですが、少なくとも国内で利用している状況に限定すれば

作成する優先順位はけっして高くないでしょう★

アカウントを作成するためにはトップページから「新規登録」を選択して

表示に従って進めていけば良いだけです!

非常に簡単に手続きを完了することができ、一度登録しておくと

さまざまなサービスを利用するうえで役立ちます☆

ただし登録しなければ利用できないサービスの中に必要不可欠なものが

少なく、一般の個人ユーザーであれば登録しなくとも何ら問題がない状態です♪

反対にビジネスで利用する場合はメリットが多いでしょう(^^)

同社製のさまざまなサービスを利用する予定があるのであればぜひとも

登録しておいた方が良いですが、そうでなければ必要性が生じたときに

作成すれば良いでしょう★

実際に利用している人が少ないわけではありませんが

プライベートシーンにおいてもビジネスシーンにおいても

このアドレスを利用している人は少なく感じますが

Officeとの連携やスカイプ、Evernote、PayPalへの接続もスムーズですので

検討の価値はおおいにあるでしょう(^^)

envelope-1829490_640

 

3つの無料メールアドレスを比較◎

ここまでで紹介したフリーメールアドレスにはそれぞれ長所や短所があります☆

実際に利用するアドレスを選択する際には自身が利用する状況を鑑みて

最適な選択をすることが求められますが、その際にはある程度明確な

基準によって判断することが大切です!

何を基準に判断するのかは人それぞれですが、たとえば「Gmailは

利用している人が多く、ワールドワイドなサービス」という理由を

基にして判断するという方法もあります♪

利用者が多く国内に限らず汎用性が高いとなれば積極的に利用することで

プライベート、ビジネスともに大きな活躍が期待できます★

対してあまり利用している人がいないものは「チェーンメールと

勘違いされかねない」といった問題が生じやすくなります◎

当然、人物の特定ができる状況であれば何ら問題はありませんが

不特定多数の人に対して送信する可能性がある状況では

せっかく送ったメールが迷惑メールと判断されかねない分だけ使い勝手が

悪くなります☆

またそのほかにも考慮するべきポイントが多々あります!

たとえばメール1通当たりの容量に大きな差がある場合は利用できる

ファイルが制限されかねません(>_<)

また容量は同じでも有効期限の有無が異なる場合も同様に最終的なコストや

使い勝手を考慮する必要があります♪

ここまでフリーメールについて詳しく紹介してきましたが、

各社のサイトでは有料プランやビジネスプランも用意されているので

より機能を求めるならば無料で利用してから検討してみてはいかがでしょう?

Outlook.comのサイトはこちらです。

finger-2056030_640

Pocket

関連記事

カテゴリー

記事一覧