スポンサーリンク

 

2018-04-07_152209

windows ムービーメーカーとは

windowsムービーメーカーとはマイクロソフト社が提供しているOSに

標準で付属しているフリーソフトのことで無料ダウンロードを

わざわざする必要はありません。

Windows10には同名のソフトは存在しませんが、このソフトの性能と近い

アプリは存在します。

動画にテキストを合成させる機能や複数の画像を組み合わせて

出力することも可能です。

自分だけのオリジナルの動画を感覚的に作ることができ

作った動画をDVDにすることもできる優れものです。

今回はそんなwindows ムービーメーカーの使い方や

便利な動画編集ソフトについて詳しく解説していきます。

windows ムービーメーカー のダウンロード方法◎

マイクロソフト社のOSに標準的についているものなのでダウンロードや

インストールを別途行う必要はありません☆

OSをインストールした段階で使えるようになっています!

日本語版にも対応していますのでOSで日本語の設定をしておけば

付属で付いてくる同ソフトの設定も全て日本語で行うことが可能です♪

ただWindows10の場合は、windowsムービーメーカーという

ソフトそのものが存在しません×

しかしこれとほとんど同じ性能を有しているソフトが

OSをインストールするときに付いています★

そのため従来型のwindowsムービーメーカーとはの使い方を知っておけば

最新のOSの同封のソフトも感覚的に使いこなせます◎

当然、標準で付いているソフトであるためお金を支払う必要は全く

無料で使い続けることが可能です☆

動画のコーデックやエンコードに関しても最初からパソコン内に

存在しているものを利用することになります!

無償のフリーソフトを利用する場合にはエンコードの時に必要な

コーデックのツールを自分で集めなくてはいけないことが多いです♪

しかしこのソフトウェアの場合はそうした面倒なこともありませんので

初心者でも使いやすい仕様になっています★

なお、どうしてもWindows10でムービーメーカーを使いたい場合は

Microsoftとは別の場所から入手する必要があります(^^)

b7e59bcd13315be93f92d5_s

DVDへの書き込み①動画作成方法!

動画を作っていく場合には対応した形式で動画を作っていくことが

スポンサーリンク

求められます◎

エンコードをして出力する際にはソフトウェアが対応している拡張子を

利用して動画の編集をしていかなくてはいけません☆

例えば音声ファイルにも様々な拡張子が存在しますが

ソフトウェアがその拡張子に対応していないと

上手く編集をすることができません×

windowsムービーメーカーは世界で最も利用されているmp3の形式で

音声を読み込むことができるため、かなり広い範囲で動画と

音楽を作っていくことが可能です♪

ただ動画に関しては年々画質などの向上によってWindows10で

使われていないような古いタイプのwindowsムービーメーカーでは

対応することが難しくなっている形式も存在します!

例えばmp4です★

mp4形式の動画がwindowsムービーメーカーでは扱うことができません×

読み込むことができないため、これを題材として

動画を編集していくことができないのです(>_<)

mp4形式の動画を利用して保存したいと考えている場合には

一度その形式を使える拡張子に変換しなくてはいけません◎

変換するためには別途ソフトやツールを準備する必要があるため

この点は注意をしておきましょう☆

2018-04-06_100021

DVDへの書き込み方②作成した動画をDVDに焼く方法♪

実際に作った動画をDVDへ書き込みをする際には上記のように対応形式の

拡張子にしてから実行しなくてはいけません!

こうしたメディアを作っていくための専用のソフトを

オーサリングソフトといいます★

windows ムービーメーカーは動画を編集するソフトであるため

形式そのものを変換させる機能は存在しません×

実際にDVDへの書き込みをして動画を見るためには

その動画を見るためのツールが別途必要になるわけです◎

こうした動画の書き込みや再生に関して役に立つのが

Windows DVDメーカーやDVD Flickと呼ばれるソフトです☆

Windows DVDメーカーに関してはWindows10に収録されていませんが

それ以前のバージョンのOSには収録されています!

これらのツールを利用すれば初心者でも簡単にDVDへの書き込みや動画を

返還することができるようになります♪

ただ一つだけ注意をしなくてはいけないのはパソコンにきちんと

書き込み用のドライブがきちんと存在している必要があることです★

パソコンを作るときには書き込み用と読み込み用、それら兼用のドライブが存在し

読み込み用だけの場合にはDVDに書き込みができないので

最低限必要なものとして書き込み用のドライブを入手しておく

必要があります◎

今では外付けで比較的手頃な価格で入手することが可能ですよ(^^)

おすすめオーサリングソフト☆

動画編集フリーソフトと実際に動画を視聴することができるソフトは違います!

上記のDVD Flickなどは動画の形式を変換してDVDビデオにしてくれるものですが

WinX DVD Authorのようなソフトは動画をそのものを視聴するためのソフトです♪

これ単体で動画を編集するわけではありません×

もう一つフリーソフトとして有名なものにFreemake Video Converter

というものがありますがこれも同様です★

コンバータという言葉からもわかる通り動画の形式を変換して

動画ファイルを見られる環境にしてくれるものです◎

Windows DVDメーカーはOSによって同封されているかわからないものであるため

使えない場合にはフリーソフトを使って動画の形式を変える必要があります☆

動画編集フリーソフトに関してはパソコンの環境によって使えるものと

使えないものがかなり多いことを知っておかなくてはいけません!

実際に最新のOSを利用している場合にはマイクロソフト社から既に

サポートが終わってしまっていて、公式にダウンロードはできるものの

使うことが現実的に難しいものも存在します(>_<)

そうした状況の場合は高性能なフリーソフトを使う選択肢も

考えておくとよいでしょう♪

窓の杜ではさまざまな動画関連ソフトが紹介されているので

そちらも参考にしてみてください(^^)

窓の杜のホームページはこちらです。

5fbb37620c5456e8e4943c4726dc628f_s

Pocket

関連記事

カテゴリー

記事一覧