スポンサーリンク

 

2018-03-05_122425

StrokesPlus(ストロークプラス)とは

StrokesPlusはWindows向けのフリーソフトでマウスによるアプリの起動や

キーボードの入力などの様々な操作やマクロが行える便利なソフトウェアです。

Web上で無料の状態で公開されているので無料ダウンロードが可能で

日本語化に対応しているので日本語でも安心して利用することができます。

ポインターに対してあらかじめ特定のマクロを設定しておけばマクロを

活用して様々な操作を行うことも可能です。

このページでは覚えておくと便利なStrokesPlusの使い方を解説していきます。

StrokesPlus のダウンロード方法★

StrokesPlusには公式サイトが用意されており、そこから

ダウンロードが可能です◎

公式サイトにはこれまでにリリースされたStrokesPlusのバージョンが

一覧で表示されているので任意のバージョンを選択してクリックしましょう☆

バージョンを選択すると別にページに移動してビット数の選択画面が表示されます!

ビット数の選択画面では32Bitと64Bitの2つのバージョンが選択できるので

Windowsのビット数に合ったほうをクリックすると無料でダウンロードが

開始されます♪

公開されているバージョンには数年前の古いバージョンのものから

最近公開された最新のバージョンなどがありますがWindows10などの

最新のOSの場合には最新バージョンを選択する必要があります★

古いOSを使っているなどの特別な理由がなければ基本的には一番上に

表示されている最新バージョンを選択したほうがエラーや

日本語化できないなどの問題が少ないでしょう◎

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストーラーが

起動するのでインストール先の選択と利用規約への同意を行ってから

デスクトップへのショートカットアイコンの作成などを設定します☆

設定が完了してからインストールボタンを押せばインストールが開始されます!

ダウンロードとインストールは指示通りに進めるだけですから簡単に

パソコンに追加されるでしょう(^^)

22efa63c84053140550e0e8e3ca06389_s

 

使い方・日本語化する方法◎

StrokesPlusの日本語化はソフトウェア内のセッティング画面からは

行えないのでインストールを行ったファイルに日本語化パッチを使用して

変更を加える必要があります★

パッチはWeb上で無料で公開されているの事前にWeb上から

無料ダウンロードを行っておきましょう!

ファイルの開き方には様々な方法がありますがWindows10を使用している

スポンサーリンク

場合にはCortanaの入力欄にappdateと入力して検索結果に表示される

ファイルフォルダーをクリックすることで開くことができます☆

開いたフォルダーの中にあるStrokesPlusというファイルを

ダブルクリックで開くとLUAファイルとXMLドキュメントが表示されているので

そのフォルダーの中にActionHelpとLanguageの2つのXMLファイルを

コピーしてください♪

ファイルのコピーが完了してからもう一度StrokesPlusを起動することで

日本語化が完了してソフト内の表記が日本語に変更されます◎

StrokesPlusを再起動してもソフトウェア内の表記が英語のままで

日本語に変更されていない場合にはパソコン本体の再起動を試すことで

改善するでしょう★

少しややこしく感じるかもしれませんが、一度パッチを当ててしまえば

その後は日本語で使えるようになりますからぜひチャレンジしてみてください(^^)

使い方・基本操作方法!

StrokesPlusを使ってパソコンの様々な操作を行ったり特定のソフトウェアを

起動するためにはポインターによるスクリプトかショートカットキーによる

スクリプトのどちらかを設定しておきましょう☆

設定方法はマウスジェスチャーによる操作の場合にはアクションタブから

設定が行え、ショートカットキーによる操作の場合にはホットキータブから

設定が可能です◎

マウスジェスチャーの場合にはアクションタブを開いて左側に表示される

ジェスチャーに一覧から任意のものを選択します★

ジェスチャーごとに操作方法が異なるのでジェスチャーを行いたいものを

選択して利用しましょう♪

ショートカットキーの場合にはホットキータブを開いて画面内に表示される

キーを選択することで様々なジェスチャーが選択できます!

ボタンの中には様々な種類があり任意のものをマウスでクリックすることで

選択することが可能で、同時に2つ以上のキーを選択して

ショートカッキーとして選択することも可能です☆

マウスジェスチャーやホットキーの選択はそれぞれ別の方法で行いますが

スクリプトの記述はどちらも右側にある画面から同じ様な方法で行えます◎

特定のソフトウェアを起動したりソフトを終了するように設定することも可能です★

いろいろと試してみて自分にぴったりの使い方を見つけましょう(^^)

mouse-1243312-640x480

使い方・スクリプトのサンプル☆

StrokesPlusで使用できるスクリプトにはいくつかの種類があり

アプリの起動やエクスプローラーに関係するものなどの様々な種類が

用意されています!

ショートカットキーでコピーしたテキストや画像を張り付ける処理を

行いたい場合にはacSendKeysという文字列で行えます♪

acSendKeysの文字列の後にダブルクオーテーションとパーレンで指定したい

キーを囲めばコピーの貼り付けの処理を行うように設定が可能です★

ストロークプラスではこの処理の場合にはマウスによる操作は

指定できないのでこの処理を使いたい場合にはホットキーのタブで

ショートカットキーを指定して使用する必要があります◎

特定のアプリを起動したい場合にはacSetClipboardTextという文字列を

使うことで行えます☆

acSetClipboardTextの文字列の後に起動したいソフトウェアが

インストールされているパスを入力して、パスをダブルクオーテーションと

パーレンを使って囲むことで設定することが可能です!

このスクリプトはマウスによるジェスチャーにも対応しているので

マウスジェスチャーに好きなジェスチャーを登録して設定することも出来ます♪

StrokesPlusのホームページではサンプルスクリプトが豊富に紹介されているので

ぜひ活用してください(^^)

StrokesPlusのホームページはこちらです。

2018-03-05_122515

Pocket

関連記事

カテゴリー

記事一覧