スポンサーリンク

 

2018-03-01_202525

InfraRecorder(インフラレコーダー)とは

InfraRecorderはWindows用の単純かつ高機能で使い易いとされる

書き込みソフトのことを指し、フリーソフトのライブラリから

無料ダウンロードして日本語化されたものを利用できます。

データや音楽の書き込みが出来て盤の書き換えと2層のDVDを支援し

ISOイメージファイルをディスクに焼いたりディスクからWAVや

ISOイメージファイルを取り出すなど音楽CDの内容を保存することも可能です。

今回はそんなInfraRecorderの使い方について解説しましょう。

InfraRecorderのダウンロード方法★

Windows10のOSでフリーソフトのサイトから無料ダウンロードするには

サイトへアクセスし、分野に分かれたライブラリの中から

システムファイルの項目を選択すると、その中にInfraRecorderという

ソフトが見つかります◎

ファイルの大きさは3.9MBと書かれているのでDLボタンを押すと

起動ドライブのDLフォルダに保存されるので、その中から

プログラム名irを確認してこのexeファイルを開きましょう☆

(バージョンによってはファイルの大きさは変更があるかもしれません!)

解凍を要しない場合はこのexeファイルだけになっているので

そのままインストールを開始出来ます!

安全対策ソフトは有害因子の侵入を防ぐことができるので他のサイトから

DLする際も必ず専用のものを1種類用意しておくことが大切でしょう♪

最初に日本語化を選択すると設定手順の画面が現れますから

次へをクリックし、契約内容を全て読んでから条件に同意できたら

同意するボタンを押します★

デスクトップやスタートメニュー、迅速起動などのショートカットを

作成する場合は印を入れ、これで進めて行くとインストール完了です◎

通常は起動ドライブのプログラムフォルダの中にインストールされます☆

91c45d63d44d3af8ddcdd515cce645c8_s

使い方・日本語化する方法!

ダウンロードした後インストールするとデスクトップ上にプログラムの

ショートカットアイコンが作成されていますから

これをダブルクリックして立ち上げましょう♪

InfraRecorderは日本語化されていてそのまま使うことが出来ます★

パッチをあてる必要がないのは手軽で便利ですね(^^)

Data Disc、Audio Disc、Video Discの3種類のアイコンが上に並び

Write Image、Copy Disc、Read Discという3種類のアイコンが下に並びます◎

CDやDVDにデータを焼いて保存をかけたい場合はファイルから

スポンサーリンク

新しいプロジェクトを選び、作成したいメディアの種類を選択しましょう☆

4分割されたエクスプローラ風の操作画面になり、上部には自分のPCの

HDDの中が表示されますから、この中から焼きつけたいファイルや

フォルダを選択することになります!

次に画面の下部にドラッグ・アンド・ドロップすると必要なものを

追加して行くことが出来ます♪

下部のデーターバーにはその空き容量が表示されますので、この数値を目安に

作業を行いましょう★

もし容量をオーバーした際にはこのバーが赤色に変化しますので

その際はファイルの加減を行います◎

調整が完了すると現在の編成を物理コンパクトディスクへ焼き込みます

というメニューバーの下の左側のCDアイコンをクリックします☆

OKをクリックするとライティングが開始し、ファイルからプロジェクトの

プロパティを選択することで細かく変更を行えます!

使い方・基本操作方法◎

起動方法に関してはショートカットアイコンをダブルクリックして立ち上げて

最初の画面で目的の作業を選択します★

ファイルからプロジェクトのプロパティを選択すると一般や

ファイルシステム形式、ISO、範囲、起動というタブのついた

ウィンドウが現れ、ここの一般タブでラベル名に日付を

設定することが可能です♪

ファイルシステム形式のタブではISO9660とか+UDF、+UDFのDVD-Video

UDFを選択することが出来ます☆

ISOタブではファイル名の文字数をレベルで変更することや

起動イメージを読み込ませることも可能です!

DataDiscはファイルやフォルダをCDやDVDに書き込む際に使用しAudioDiscは

WAV、MP3、WMA、OGG形式の音楽ファイルから音楽CDを作成する際に

使用する内容のものです◎

VideoDiscはDVD-Videoを作成する際に使用し、WriteImageはISOイメージを

CDやDVDに書き込む際に利用しますが、これはスタートメニューからも

起動できます★

CopyDiscはCDやDVDのコピーを行う際に使用し、ReadDiscはCDやDVDを

読み込んでISOファイルとして保存する場合に利用するものです♪

cf59c79c51a96585ea3f06b7deac89f3_s

使い方・ISOイメージファイル作成方法☆

InfraRecorderでは手持ちのCDやDVDからISOイメージを作成することが出来ます!

操作方法は上部の動作メニューからディスクのコピーを選んで

Discイメージへを選択しましょう★

イメージファイルを保存する場所をクリックして選択し、OKをクリックすると

ISOイメージの作成が始まります◎

Discレイアウト画面では右クリックで名前の変更や表示を切り替えたり

削除するとか新しいフォルダの作成も行えます☆

Discレイアウトでは左ペインのディスクアイコンを右クリックして

プロパティで行うことも可能です♪

ISOタブではそのレベルやフォーマットも指定でき、通常は特に設定する

項目はないのでそのままにしましょう☆

範囲タブでは発行元や制作者などの情報を入力することが可能です!

起動ではブート用のCDを作成する際起動用のイメージファイルを

指定することが出来ます★

書き込みファイルの登録が完了したら動作から編成の書き込みへと進み

コンパクトディスクへメニューから書き込みを実行することが可能です◎

イメージ作成完了したらOKボタンをクリックしましょう♪

インフラレコーダーは高度な機能が揃っている割には操作は

し易くなっています☆

InfraRecorderのホームページは英語ですがサポートやFAQが用意されているので

何かわからないときは参考にしてはいかがでしょう?

InfraRecorderのホームページはこちらです。

8f0975e299a523b613a5f0ca8f1be0c8_s

Pocket

関連記事

カテゴリー

記事一覧