スポンサードリンク

 

2017-12-28_093150

IoTとは

Internet of Things(インターネット・オブ・スィングス)を表す言葉として

略語としてIoTがあります。

読み方では単純にアイ・オー・ティーと読み最近ではメディアによっても

広く取り上げられています。

わかりやすく言えばIoTとはモノのインターネットのことを指し

ここではこれまで人を介することでインターネットに繋がっていたものが

人を介さずにネットに繋げることが可能になります。

今回はそんなIoTについてわかりやすく紹介しましょう。

業務の効率化に役立つ★

例えば日常的に使用しているパソコンやスマートフォンでは人が

操作をすることで初めてネットワークに繋がります◎

一方IoTでは商品そのものが自らネットに繋がり、この仕組みを

利用することでさらなる生活の向上や業務の効率化を図ることができます☆

例えば製造業の場合では作業の最適化、機械化、自立化を図ることが

可能になります♪

インターネットとモノがつながり情報のやり取りができることで将来的には

工作機械や工場が自律的に動き蓄積データからより効率の良い作業に

最適化していくことができると考えられています!

すでに身近でもIoTが活用され、気がつかない間に恩恵を

受けているかもしれませんね(^^)

スポンサードリンク

6f3925b1a6e730587ff5d059447414e3_s

製造業でIoTを活用◎

製造業におけるIoTの活用には大きく6つの段階がありデータの取集・蓄積

見える化、解析、制御、最適化、自立化の順になります★

現在は解析、制御までは行われており最終的には最適化、自動化が目標です♪

ここでは工作機械とメーカーサポート部門をインターネットでつなぎ

トラブルシューティングを行ったり機械内にセンサーを組み込み

負荷を検出した際には自動的に調整を行うといったことが可能になります☆

具体例としては大手建設機械メーカーによる

プレディクティブ・メンテナンス(予防保全)があり、ここでは

自社で開発した建設機械に対して集中管理が行われています◎

プレディクティブ・メンテナンスは多額の投資と技術力が必要になるなど

中小企業には導入に難しい面があるでしょう★

一方、生産性向上は取り組み安い面がありユニークな具体例として

非常に低コストで稼働状況を表示する機械を自社で作成した

部品メーカーもあります♪

ここでは購入をすると1台500万円はする機械を50万円で自社制作しており

ラインの1日の停止時間をトータルで3時間減らすことに成功しています!

この結果は素晴らしいですね(^^)

d1bbd60d6bbf06330cb41bf98a89af1b_s

医療現場の事例☆

IoTは医療現場でも活用されています◎

身近な具体例としてはウェアラブル型の装置があり、身に着けることで

遠隔でもリアルタイムに患者の状態を把握することが可能です★

例えば腕にはめる機器では熱や加速度を測るセンサーや心拍計等を

利用することで身体熱環境や位置、転倒転落などの把握

熱による体調不良や急激な容態変化の把握に利用されています!

医療現場ではスマートベッドと呼ばれる製品も出てきており

患者がベッドに寝ている状態で脈拍数、呼吸数、睡眠・覚醒などの

状態測定や検知ができ、電子カルテやナースコールシステムに

つなげることで体温や血圧といった情報を読み込むことが可能です☆

また職員にセンサーを付けることで利用されているケースもあり

動きを分析することで効率的な働き方につながるなど業務改善にも

役立っています◎

IntelのホームページではIoTに関するさまざまな情報をチェックできます♪

Intelのホームページはこちらです。

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

Pocket

関連記事

記事一覧