スポンサードリンク

 

2017-03-02_061130

就職にかかせない大切な書類

履歴書とは就職するとき、転職するとき、アルバイトを始める時でも

必ず提出しなければならないあなたの経歴や人となりを表した書類です。

この書類が苦手という方、学生時代に四苦八苦した記憶をお持ちの方は

多いのではないでしょうか。

確かに書くのが大変な書類には間違いありませんが書類選考で簡単に

落とされないためには最低限のポイントを抑えておくことが大切です。

ここでは最低限抑えておきたい履歴書の書き方扱いについて解説します。

履歴書のフォーマット☆

まず書類のフォーマットについてですが、これは提出先企業からの

特別な指定がない限り、市販のどんなものを使っても問題ありません!

氏名や住所、写真の貼付欄、学歴・職歴、免許・資格、趣味・特技や

志望動機など基本的な項目が一通りあれば大丈夫です◎

大抵の文房具店には置いていますしコンビニにもあります♪

ネットでフォーマットを無料でダウンロードできるサイトもあります★

さていざ書き始めると誰もが最初は学歴・職歴欄から

手をつけると思いますが、学歴はどこから書けば良いのでしょうか?

明確な決まりや規則はもちろんありませんが一般的には中学校の卒業

もしくは高校の入学から始めるのが普通です☆

小学校から書いても問題ありませんが大学から書き始めるのはNGです×

転校や転学などで量が多くなる場合、予め用意されている行数を

スポンサードリンク

ちゃんと計算しておきましょう★

ゆっくり落ち着いて、丁寧に書くことを心掛けましょう(^^)

bbc5d822706777691d462bde85101315_s

職歴の書き方と志望動機◎

職歴は原則として正社員歴だけを書きます!

特に新卒就職や転職で正社員から正社員になる場合などはアルバイト歴は

必要ありません×

ただし転職の際にアルバイト期間が長い場合やアルバイトでも

身に付いたスキルや能力が強みになる場合は書くことでプラスに

なることもあります☆

アルバイトへ応募する際は多様なバイト経験が活きる場合もあるので

これは自身の状況に鑑みて判断しましょう♪

次に誰もが苦戦すると思われる志望動機ですが抑えるべきポイントは単純で

それが具体的であればあるほど良いということです★

実際に提出先が第1志望かどうかはあまり関係ありません!

あなたがどういう思考で何を求めて、またどんな力を活かして

その会社で働きたいのか、何に貢献できるのか、可能な限り自分の言葉で

詳細に書くようにしましょう(^^)

自身の学生時代の経験談など具体的なエピソードを根拠にすると

より伝わりやすくなります♪

会社や仕事への情熱がしっかり伝わるかどうかは

採用・不採用のわかれ道です!

もちろん推敲の際にはてにをはを見直し、社会人として論理的な文章に

整えることも重要です☆

c3264e527c339c6e945037f48341de48_s

証明写真と履歴書を入れる封筒★

最後に履歴書の扱い方についても説明します♪

基本的なことですが書類に貼る写真は項目をすべて書き終えてから

貼りましょう☆

なにも考えず先に貼ってしまう方もいるようですが、書いているうちに

手が擦れるなどして汚してしまうこともあります×

写真はなるべく証明写真機などできちんと撮り、裏には

剥がれてしまった時のために氏名を書いておきます◎

提出用の封筒は白か茶色のものを用意し、表面に提出先を黒また青のペンで

そして履歴書在中を赤のペンで書き裏面に密封マーク、省略していない

自分の住所を書いて完成です!

以上が履歴書の書き方、取扱方ですが、見本が見てみたいという人は

マイナビのホームページにある見本がおすすめです(^^)

マイナビ・履歴書のサンプルはこちらです。

2017-03-02_060431

Pocket

関連記事

記事一覧