スポンサードリンク

 

2016-12-05_105906

動画とは?

動画とは画像が秒間30コマから60コマ記録されている

例えれば一種の高画質なパラパラ漫画です。

海外では更に少ないコマ数や変則的なコマ数の動画もありますが

日本を含めた一般的には30から60コマが主流です。

動画の仕組み

動画の内部は映像と音声に分かれ、それぞれが圧縮状態で記録されています☆

圧縮方法はアルゴリズムによって高画質を維持したり

画質に対して小さな容量を実現しています◎

AVIやMP4といったファイル種類の違いは扱える圧縮方法が限定されていたり

対応する編集ソフトが異なることを意味します!

ファイル種類とは編集ソフトに限らず再生ソフトの対応にも関係する

動画の扱いに欠かせない関連項目です★

動画の変換方法は編集ソフトで元のファイルを読み込み

カットやエフェクト等を加えて最終的に新たなファイルとして保存します☆

この時編集ソフトは指定した圧縮方法でエンコードすることで

新しいファイルの出力を行います◎

編集ソフトの種類によってはオリジナルのファイルを傷付ける心配なく

再エンコードも不要で出力出来るタイプもあります★

画質を落としたくないときなどに利用したいですね(^^)

598626

画質について

変換方法に再エンコードを含み圧縮方法を指定する必要のある編集ソフトは

保存の際に画質が劣化するのが難点です×

これを回避するには無圧縮方で保存を行なうか

画質設定を引き上げて保存する方法があります★

一方解像度は画質を左右する要素の一つで

表示するディスプレイのネイティブ解像度に近い程

映像や文字がクッキリするといえます!

小さな解像度の場合は物理的な画面サイズに合わせる為に

拡大処理が必ず行われるのでボケが生じソフトな画質の印象が感じられます☆

スポンサードリンク

画質に影響する要素は決して解像度だけではなく

プログレッシブやインターレースなどの種類も

画質を決定付ける一因となります☆

これらの特色を理解することでよりよい画質と容量の動画を残すことができます★

080995

プログレッシブとインターレースの特色

プログレッシブは秒間60コマであれば1秒間に60枚の画像で構成されています☆

逆にインターレースは1秒が30枚の画像で再生時に画像1枚を偶数と奇数で分け

交互に表示することで擬似的に60コマに見せています!

情報量が減るので画質はインターレースの方が不利ですが

動きの少ないドラマやアニメであればむしろ少ない容量で

記録出来る分だけ優位です◎

インターレースの動画は再生時の処理方法によって

動きが一瞬止まって見えたりコマとコマが滑らかに繋がっていない

違和感を生じさせます★

アクション映画等はプログレッシブ、ドラマやアニメは

インターレースと使い分けることで圧縮方法による劣化を引き起こさず

容量と画質が両立できます♪

これからファイルの変換を行なう時は再生する予定の機器に合わせ

どの変換方法を選ぶか考えることが大切です◎

DVD以前の再生機器はプログレッシブや最新の圧縮方法には

殆ど対応していないのでインターレースと旧式の変換方法を

選ぶことになります☆

反対に比較的新しい端末や再生環境は対応するファイル種類が豊富な分だけ

選択肢が幅広く選べる余地があります!

最適なファイル種類とそれに合わせた変換方法の選択を行えば

再生機器の能力を活かした高画質再生が実現します♪

動画ひとつとっても奥深いものですね(^^)

244636

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

記事一覧