スポンサードリンク

 

2016-08-09_055941

ETC法人カードの特徴

ETC法人カードとは会社・事業主が申し込んで持つことができる
法人・個人事業主用のビジネス専用のETCカードです。
通常のETCカードと同様に、ETC車載器を搭載した車での走行で
高速料金の割引を受けることができ、30~50%の高率の割引を受けられます。
高速道路料金は、利用明細(請求書)で管理ができ、
経費として計上し易くまた従業員との現金のやり取りが不用になり
お金の管理を確実に行うことができます。

マイレージサービス

また、事前にETCマイレージサービスの登録をすることで、各種料金
例えば、毎月1日から末日までの対象走行回数に応じて
地方部区間の最大100㎞相当分までの最大50%を還元する平日朝夕割引、
午前0時から4時までの深夜30%、土、日、祝日の終日の約30%割引等があります☆
通行料金10円毎に1ポイント付与されるマイレージポイントは、
所定のポイント数に応じ無料通行分に交換可能なので
利用方法によっては経費の削減にも役立ちます♪
忘れずに登録しておきましょう★

f87afc59d889df714faa22307388cf76_s

クレジット機能付き

ETC法人カードの作り方は、クレジット機能のついているものと、
クレジット機能のついていないものに分けられます☆
クレジット機能のついているETC法人カードは、
クレジット会社が発行する一枚の法人カードに付帯する形で作られるので、
先ずクレジット会社に対して申し込みをすることに始まります!
一枚の法人クレジットカードに対して複数枚の
ETC専用カードを作ることが可能で車両を多く保有している場合には
一台ごとに管理することもでき、
一括支払いにより振込手数料の削減もできるので便利です◎
また、ガソリンスタンドや大型チェーン店等で発行される各種特典付きの
クレジットカードもあるのでそれらを利用する方法もあります★
各カードの特徴をよく把握して、自社にぴったりのカードを探しましょう。

b91215f871a026f443853a8bf28be9b9_s

クレジットの機能のないカードの場合

クレジット機能のついていないETC決済のみに対応したカードは、
高速情報協同組合の発行するETC法人カードが有名で、
クレジット機能なしのため審査なしで取得できます◎
発行手数料や取引に手数料が必要ですが、
高速料金の割引きが利用できるメリットは大きいです!
審査なしで取得したい場合は検討しましょう。
カード作成には、商業登記簿謄本〈個人事業主の場合は所得税確定申告書)と
車検証、ETC車載器セットアップ証明書が必要です☆
クレジット機能がついていないため審査にその他の書類は特に必要がなく、
起業して間もない企業や個人事業主、中小企業の利用が多いカードです。
ただし、当初の出資金として10,000円を高速情報組合に支払うことが必要で、
脱退時に全額一括で返還されます★

23208e9ae634508bd40c516ebbb6a929_s

Pocket

関連記事

記事一覧